Nanaco

あなたの海外生活はお任せあれ!

2019上海モーターショー が開幕! | Nanaco Geekly News 2019.04.17

2019/04/17

 

MC: Shun Tanaka@Nanaco

デザイン:柳華惠@Nanaco

 

聴けば、見えてくる!7つの話題でお届けするCHINA Geekly Insight。微信公衆号「HeyNanaco」では、毎週1回、中国のローカルメディアのニュースからピックアップしたギークリーな話題を7つ選び、音声と文字でお届けいたします。

 

4月16日に幕を開けた「上海モーターショー2019(第18回上海国際自動車工業展覧会、Auto Shanghai2019)」。16、17日のプレスデーを経て、18、19日はビジネスデー。一般公開は20日から25日までを予定しています。中国の新車販売台数が年間ベースで28年ぶりに前年割れとなるなかでの開催ともあって、内外から熱い視線が注がれています。第18回目の開催を迎えた今回は「共に創る・素晴らしい生活」がテーマ。総展示面積は36万平方メートルで、中国内外の企業1,000社余りが出展しています。中国国内メーカーの存在感も年々高まっており、吉利(ジーリー)の「GE11」、広州汽車の「AiON.S」等、航続距離500キロ超えを実現した新エネルギー車が登場し、注目を浴びています。なお、特筆すべきは、今回初めて「未来の移動交通ゾーン」(未来出行、Future Mobility)と称した展示エリアが設けられたことです。新エネルギー、IoV、自動運転ソリューション、レーザーレーダー、チップ、高精度測位、地図など、「業界の枠を超えて融合する分野」の網羅をコンセプトとしています。

 

 

お花見・行楽シーズンを迎えるなか、「漢服ブーム」到来の兆しを見せています。「チャイナ・ネット」等オンラインメディアが報じたところによると、故宮や北海といった景勝地に限らず、都市内の公園でも仙女のような漢服に身を包んだ若者が花見を楽しむ姿が散見されるようになっています。以前は漢服の裁断ができる裁縫店が少なく、たやすく入手することができなかった漢服。それが、いまやECショップでもさまざまな価格帯の商品が扱われるようになりました。一方、京都等で浸透している和服の着付けサービス等をヒントに、漢服体験店を中国の観光地で開業するケースも目立ってきました。1日のレンタル料金は約300元。髪のセットを含め、30分ほどでメイクアップを行い、フォトスタジオで撮影するコースもあり好評です。ただ、伝統文化に対する関心が高まりを見せるものの、祭日の正装として普及するまでには、まだまだ長い時間がかかりそうです。

 

「第9回北京映画祭」が4月13日にスタートし、20日まで開催されています。日本映画についても、コンペティション部門にあたる「天壇奨」にノミネートした『半世界』をはじめ、数々の話題作が上映されています。『半世界』は2018年第31回東京国際映画祭コンペティション部門観客賞の受賞作品で、 『大鹿村騒動記』や『北のカナリアたち』などで知られる阪本順治がメガホンをとった傑作。 元SMAP稲垣吾郎が主演を務めています。そのほか、故・黒澤明監督や氏の影響を受けた名作、さらには細田守監督の特集として『時をかける少女』から最新作の『未来のミライ』(2018)までの代表作が上映されるなど注目を集めています。

 

総延長1837キロ、年間輸送量2億トン、設計速度120キロ――そんな一度に建設される重積載鉄道としては世界最長、最速、最大(輸送量)のスケールを誇る「蒙華鉄道」が今年末の開通を目指して建設が進んでいます。蒙華鉄道は内モンゴル自治区から陝西省山西省河南省湖北省湖南省江西省の七省・区を経由して江西省吉安市までを結ぶ鉄道で、その建設は国家重点プロジェクトの一つとして位置づけられています。特筆すべきは管轄区間内の100か所以上の現場でインターネットとクラウドプラットフォーム技術を活用し、3,000人に及ぶ労働者の管理が行われていることです。全線で構築された「スマート建設現場一体化プラットフォーム」では、作業員は現場に入る際にQRコードをスキャンして業務時間を記録。一方、安全検査を担当するスタッフは問題の発見後、即座に画像や文書、および処理の意見書をプラットフォームに直接アップロードします。管理者はスマートフォンのアプリからリアルタイムで事務作業ができる仕組みになっています。

少ない投資で安定的に多い量を生産できる稲の品種、「グリーン・スーパー稲(CSR)」をアフリカやアジア等の資源が不足した地域で栽培を行うプロジェクトが実施されて11年。この間、収穫増産等の恩恵を受けた国は18か国、面積にして612万ヘクタールに及ぶことが報道で明らかにされました。収入増に結びついた農家は160万世帯に及ぶと報じられています。このプロジェクトは中国人科学者が主導。農薬と化学肥料をほとんど与える必要がなく、干ばつや塩分に強いなどの特徴をもった新品種78種を18か国の26の研究機関に向けて広めていったものです。

中国のリサーチ会社「易観国際(Analysis International)」が発表した「中国モバイルゲームユーザー専門分析2019」によると、2018年の市場規模は1,601億8000万元で成長率は11.7%、21年には2,182億7,000万元に達すると予測されています。ただ、19年2月のデータでは、MOBA(Multiplayer Online Battle Arena)がジャンル全体を占める割合は昨年の26.06%から14.05%に減少しています。結果として、MOBAで98%のシェアを占めていたテンセントの人気ゲーム「王者栄耀(honour of kings)」のシェアも低下し、「刺激戦場」といった新たなゲームが存在感を高めることになりました。なお、MOBAに代わって最も人気があるゲームのジャンルとなったのはカードゲームで、全体に占めるシェアは23.06%まで上昇しています。また、動画共有SNSやシンプルなゲームが現在の人気トレンドといえそうです。

 

中国のスマートフォンメーカーが新機種を続々と発表しています。ファーウェイが10倍ハイブリッドズームのカメラを搭載した「P30 Pro」を発表すると、OPPOも「OPPO Reno」を発表、欧州市場では5G対応のデバイスとして先駆的な役割を担うことになりそうです。「OPPO Reno」では最新のColor OS 6が使用され、狭く薄いスマホボディに4800万画素というソニーの積層型CMOSセンサー「IMX586」を搭載しています。ノッチもパンチホールも見当たらない外観は斬新で、格納していたフロントカメラがわずか0.8秒で斜め向きにポップアップして現れます。なお、こうした高機能カメラを売りとする新機種の登場やミラーレス一眼に押され、一眼レフの販売縮小が激しいことが報じられています。市場レポートによると、2016年3月のレンズ交換型デジタルカメラの販売金額を100とすると、一眼レフの販売金額の減少幅は6割以上に及んでいます。