Nanaco

あなたの海外生活はお任せあれ!

GEEKLY | Nanacoはハイヤー大手4社のゲートウェイ!

中国の新車販売が前年比2.8%減。しかも前年前年割れは28年ぶり――。最近の報道では景気の先行きを憂う内容になっていましたが、じつはそれほどネガティブに受け止める必要はないという見方もあります。電気自動車(EV)や自動運転、そしてシェアリングエコノミーが進展していくと、どこの国でも自動車の販売台数が減少していくと予測されているからです。中国は「配車サービス」という“ソフト”面では“先進国”です。“ハード”(自動車販売台数)だけを景気のバロメーターと考えるのはもはや時代遅れかも知れません。

 

日本のTVドラマの謎

――トレンディー俳優はなぜ走る?

「急ぐんだったらアプリで車を呼んでよ――」。

どうやら中国人は日本のTVドラマを見ながらトレンディー俳優たちがいつでもどこでも“走りまくっている”ことが不思議でならないようです。

別にヒット作品『陸王』のことを言っているのではありません。ましてや刑事ドラマあるいは以前流行ったスポ根ドラマのことを指しているわけではありません。通学するときも通勤するときも、そしてデートの場所へと急ぐときも、登場人物がが街中を走りまくるのは日本ドラマの定番シーンとなっています。

一方、中国では「配車サービス」が人びとの日常生活にすっかり溶け込んでいます。スマホが一台あれば“いつでもどこでも”自由に車が呼べ、目的地まで移動ができるのです。しかも日本でタクシーに乗ることを考えれば費用も安め。老若男女問わず、このサービスを活用するほかありません。ですから、中国のTVドラマで登場人物が街中を走りまくるシーン(中国語で「日劇跑=日本ドラマ走り」と呼ばれています)を見ることはまずありません。

 

 

「配車サービス」を提供しているのはITのハイテク企業です。運転手と車両をシステムに登録し、顧客とマッチングする“からくり”をつくりあげ、規範化したサービスを提供していくまでには、もちろん紆余曲折や波乱にも見舞われました。それでも、好意的に見れば、ドライバーと乗客双方のモラルは年々向上しています。テクノロジーが社会の治安と“民度”の水準を底上げする典型的な事例といえるのではないでしょうか。(決済アプリにある信用スコア機能が寄与している面もあるのでしょうね。)

では、中国にはどんな配車サービスのプロバイダがあるのでしょうか。筆頭に挙げられるのが「滴滴(ディディー)」です。世界のユニコーン企業で第4位(1位はUber)につけて快進撃を続けています。以下、「業界四巨頭」の簡単な紹介をさせていただきましょう。

 

これらの「業界四巨頭」が提供する配車サービスすべてをフォローするゲートウェイが「Nanaco」です!用途や目的によって「エコノミー」「ビジネス」「7座席バン」「プレミアム」というように自由自在にグレード選択をしていただくことができるのです。画面は完全日本語対応。 「いますぐ」乗車が必要なときでも、前もって「予約」したいときでも、あるいは「空港送迎」といったシチュエーションでも、Nanacoがニーズに沿ったお車を手配させていただきます。さらには、いざというときに備えてヘルプデスクも完備。日本語でフォローさせていただきますので、どうぞご安心してお使いあれ!

GEEKLY |「CES 2019」で魅せた中国ハイテクパワー!

 

一説では通年ほどの熱気はなかったと言われている「CES2019」(家電見本市;1月8~11日)。たしかに会場となった米国ラスベガスの熱気を事細かく伝える報道は例年と比べると少なく、ミニブログ「微博(ウェイポー)」でもハッシュタグのキーワードは見かけませんでした。とはいえ、これから市場にどんどん導入されていく次世代のイノベーションが一堂に会する晴れ舞台。中国からは出展企業全体の4分の1を占める1210社が参加したといわれ、「メイド・イン・チャイナ」の底力を示すかたちとなったことが報じられています。

GEEKLY /  BAIDU

 

百度が今回のイベントで発表したのが「Apollo3.5」です。世界で初めてとなる自動運転による物流ソリューションで、新バージョンでは都市中心部や住宅エリアといった複雑な道路事情のなかでも自動運転を可能にした点で大きな突破口を見たようです。信号のない狭い道路での走行やテールゲーティング、そして対向車とのすれ違いといったシチュエーションにも対応した見事な走りを見せてくれそうです。

 

GEEKLY /  BrainCo

 

BrainCoの製品開発コンセプトは「ブレイン・マシン・インタフェース+」です。人工知能による義手「Brain Robotics」をはじめとした製品ラインナップで真骨頂を発揮していたと伝えられています。同社は世界でもトップクラスの脳科学の技術を有する企業で、社会の効率を高めるソリューションはもとより、特殊な境遇にある人たちに向けたユニークな製品開発を行っています「Focus賦思頭環」「Focus Fit 冥想頭環」等の製品で教育やスポーツの領域でも出色した存在感を示しており、脳波や意識の制御、意識のリモートコントロールに対する研究が見事に製品というかたちとなったといえそうです。

 

 

GEEKLY /  UBTECH

 

「UBTECH」(優必選)が前回に続けて出展した「Walker」は大きな進化を遂げていました。身長91.45センチの“人型ロボット”で、36に及ぶ高性能のサーボモーターを組み込んだ関節と力覚フィードバックシステムを搭載しているのだそうです。視覚、聴覚、さらには全方位を感知する空間知覚は卓越したものがあり「UBTECH」の説明では、スピーディーかつ安定した走行と敏捷で正確な動作が可能なのだそうです。家庭内やオフィスにおけるさまざまなシーンでサービスに従事できる実用型ロボットとして普及する日も近いかも知れませんね。

 

GEEKLY /  MEDIATEK

 

メディアテック(聯発科技/MediaTek.Inc)は家庭や企業のネットワークサービスで用いるスマートコネクション・チップセットを披露しました。これは次世代のWi-Fi技術である「Wi-Fi 6(802.11ax)」をサポートし、ワイヤレスアクセスポイント、ルーターゲートウェイや中継器といった製品につながるものです。全てのスマート住宅によりスピーディーで、高い信頼性を備えた接続を保証することで、周辺機器の性能アップにもつながるのです。

GEEKLY /  ALIBABA

 

BMWとアリババの提携は、CES2019のハイライトともなる事件のひとつといってよいでしょう。双方は任意の状況における自動車の「ヒューマン・コンピューター・インタラクション(HCI)」をいかに応用していくか共同研究することで手を携えていくと発表しています。「Tモール・ウイザード・インテリジェント・ボイス・アシスタント」と呼ばれる音声サポート機能がBMW7シリーズ、X5、および将来発売を予定している新8シリーズ等のフラッグシップ・モデルに搭載されることが予定されているそうです。

 

GEEKLY /  TCL

 

機先を制するかのようにTCLが発表したのが、最新のAIを搭載した8Kテレビです。「TCL X10 QLED 8K」や8シリーズ製品を含むフラッグシップモデルで、同社にとっても米国市場で初めて公開する最新8Kテレビです。TCL X10に搭載する「8K+QLED」や「Dolby Vision®」等の技術にも優位性が見られ、2Kから8Kへ、4Kから8Kへとそれぞれ変換させることで画質問題をクリアさせる同社独自のソリューションが話題になっていました。

 

GEEKLY / 紅 旗 

 

「紅旗」がイノベーション戦略を打ち出して1年が経過しました。地道ながらも着実な一連の変革を経過し、次第に顕著な成果を示すようになってきたのが昨今です。そしてついには面目を一新するほどの変身を遂げ面目躍如となったのがCES2019という晴れ舞台でした。「メイド・イン・チャイナ」の底力とポテンシャルはいかに?その将来を占うバロメーターといってよいのが、この五星紅旗ブランドの動向だと言っても過言ではないでしょう。

 

 

TO GO | 寒い上海の冬をたちまち楽しくする!

ロマンチックな雰囲気に包まれたスケートリンク。若いカップルでしたらなおさらのこと、イルミネーションがきらめく中でナイトスケートが楽しめるスポットは要チェックでしょう。物価高の上海にありながら手頃な予算で楽しめるとっておきのスポットをご紹介しましょう

ウィッシング・スタースケートリンク

星愿滑冰場  /  Wishing Star Skating Rink

 

 

真新しい設備が自慢の屋外スケートリンクで、カップルはもとよりファミリー、そして友人同士で冬の思い出づくりをするにはおすすめのスポットです。2月末まででしたらミッキーやミニーが登場する特別ショーまで楽しめます。きっとインスタ映えがするショットが撮れますよ。レンタル用スケート靴も充実。レッスンもあり。

 

 

時間 ・料金

2019年2月28日(当日券)

月~木(祝祭日除く) 13:00—20:00 (70元/90分)

         金~日・祝祭日13:00—21:30(90元/90分)

回数券:300元/90分 (5回分)

 

 

 

ドリームスカイアイスリンク

梦幻天空冰場 / Dream Sky Ice Rink

 

 

市の中心部にあり、面積は100㎡程度です。でも、魅力はいっぱい。プロジェクター等の施設を巧みに使い、午後5時から9時半の時間帯では、あなたがリンクを滑ると、その下でイルカが泳いでいるように見える仕掛けがされています。クリスマスシーズンはツリーの演出でファンタジーな空間に一変し、話題を呼びました。

 

 

時間 ・料金

2019年2月24日まで(当日券)

 月~金  10:00—18:00 60元/30分

  月~金  18:00—20:00  100元/30分

 土・祝祭日10:00—20:00  100元/30分

 カップル写真撮影 80元/20分

 

 

オリエンタルパールタワースカイ スケートリンク

東方明珠星空滑冰場 / Oriental Pearl Tower Sky Skating Rink

 

 

1月6日に正式にオープンしたばかりのスケートリンクで、斬新なデザインが超キュートな新次元スポットです。「ICE LIVEオリエンタルパールタワーアイスカーニバル/ICE LIVE Oriental Pearl Tower Ice Carnival」が50日間かけて開催。中級者がアイススケートやフィギュアを楽しむのにも恰好なスポットです。

 

 

時間 ・料金

10:00—22:00

平日普通  80元/60分

   土日・祝祭日100元/60分

 

 

飛揚スケートセンター

飛揚冰上運動中心 / Feiyang Skating Center

 

 

本格的なスケーターや愛好者にとって申し分のないインフラを備えたスポットです。上部アリーナはオリンピック基準をクリアした1,800㎡クラスのリンクとなっており、一方の下部アリーナは約1,000㎡で練習場として機能しています。アイスホッケーの試合観戦ができるのも圧巻。

 

時間 ・料金

平日:18:00—21:00

土日:10:00—21:00

60元/150分

開放時間が変更することもあり、事前確認要(電話:021-6013-6250)

 

 

オールスタースケートクラブ

全明星滑冰倶楽部 / All Star Skating Club

 

 

メルセデスベンツアリーナの中でも人気アトラクションのひとつで、シンボルチックな巨大リンクが目を引きます。子ども連れのファミリー客にも便宜を計らい、ロッカーやシートの設備が充実しているほか、スタッフたちが初心者向けに手ほどきをしてくれることもあります。レクリエーションであれトレーニングであれ、あらゆる年齢層の人びとが楽しめる場所です。

 

 

時間 ・料金

月~金 10:00—21:30 50元/90分

土~日 10:00—20:30 80元/90分

 

 

チャンピオンリンク

冠軍溜冰場/Wujiaochang Champion Rink

 

 

「チャンピオン」は中国でチェーン展開するスケートリンクの草分け的な存在で、上海に3か所あります。すべてショッピングモール内にあるため、食事や買い物に繰り出すついでに楽しめるのが売りになっています。

 

 

時間 ・料金

南京西路2-68号新世界6F

9:00—21:30 85元/120分

 

淞沪路8号百聯又一城7F

 月・火・木  10:00—21:30

  水 ・金・土  10:00—19:30

   日        14:00—21:30

(85元/120分 95元/時間制限なし)

 

仙霞西路88号百聯購物中心5F

 

平日 10:00—21:30

 土   10:00—16:00

 日   19:30—21:30

(85元/120分)

 

GEEKLY | QRコード決済がもはや時代遅れに?

中国“新四大発明”と呼ばれているのが「高速鉄道」「ネットショッピング」「モバイル決済」「シェアリング自転車」です。高速鉄道以外は程度の大小の差はあれ、いずれもQRコードを活用した決済サービスに直結していますが、ここへ来て決済アプリをめぐる業界地図が変動の様相を呈しています。POSデバイスを必要としないPOS決済――そんなギークリーなサービスを始めたスマホメーカー大手ファーウェイのサービスをご紹介いたしましょう。

「生まれは日本、育ちは中国」が語り草になっているQRコード。これが中国社会のキャッシュレス化を推し進める大きなエンジンの役割を果たしてきたのは周知のとおりです。とはいっても、利便性に長けている一方で、QRコードのセキュリティー面について不安視する声にも根強いものがあります。たとえば、アカウントの乗っ取りやウィルスの感染、バックドアが設定され情報が流出してしまうリスク等、数を上げればきりがありません。そしてリスク回避策としては、せいぜい不審なQRコードをスキャンしないように呼びかけるくらいが関の山といえそうです。

 

安全・安心面での不安を解消する新たな電子決済のかたち――そんなコンセプトで存在感を示してきたのが国際ニュースでも何かと話題に事欠かないファーウェイ(華為)です。同社は2018年、中国銀聯カードおよび各大手銀行と提携してスマホPOS製品の運営を中国の主要都市でスタートさせました。ファーウェイの主要機種には「ファーウェイ・ペイ」という決済アプリが搭載されています。これを任意のアイテムに表示されたタグ(雲閃=Peng―Pengモバイル・クイックペイ=)に近づけ、支払い金額の入力と指紋認証を済ませれば決済が完了するのです。このサービスのベースになっている技術がNFC(Near Field Communication)と呼ばれるもので、日本語で近距離無線通信規格と訳されています。

 

 

いわばPOSデバイスの設備投資が不要な“POS”サービスです。ネット環境も必要ありません。そんな敷居の低さからか、提携銀行は早くも18年末時点で90にも上り、さらなる広がりが見込まれているとローカルメディアは伝えています。

ちなみに、ファーウェイ・ペイは他の決済ツールと比べると、安全・安心面でも一日の長があります。スマホがPOS端末のごとくカードリーダーの役目を果たしているとしたら、NFCタグはカードエミュレーションです。画面をオフまたはロックした状態のスマホを「peng一pengクイックペイ」のタグにかざしても支払い画面が現れることはないのです。これなら不注意でスマホを紛失したり盗難にあったりしても、第三者による悪用を回避できそうです。それに、スマホをオンにして画面ロックを解除した後に操作を行うので消費電力小さいのもメリットといえるでしょう。一方、売り手にとっても、NFCチップに書き込まれた情報が改竄されたり盗まれたりするリスクを回避できるので安心です。

中国のモバイル決済市場といえば、周知のとおりアリペイ(支付宝)とWeChat Pay(微信支付)による寡占状態にあるのが実態です。Line PayやApple Pay、あるいは、Google Pay、Samsung Pay、LG Pay等、海外の決済アプリが束でかかっても2大アプリの牙城を突き崩すことはできそうにありません。そこへ新たなプレイヤーとしてファーウェイが参入しました。果たして時代は「Scan(掃一掃)”から“Peng―Peng”へ」と向かうのでしょうか?ファーウェイ・ペイが第三の極として飛躍できるのか、今後の展開に目が離せません。

 

さまざまな決済サービスがしのぎを削る中国で、Nanacoも日本人の読者のみなさまが快適なライフスタイルを築けるように全面サポートを行っています。ハイヤー配車やデリバリー、宅配便、携帯電話料金チャージ、電子商取引(3月にリリース予定)等、便利な機能が目白押し。アリペイ、WeChat Pay、Paypal、AEのほかVisa、MasterCard等、幾多の決済ツールに対応しています。必要な金額をNanacoウォレットにチャージしてご利用いただくことも可能です。セキュリティーにも入念な配慮をしていますので、ご安心あれ。

胡同巡りするなら「沙灘後街」へGO!

 

北京の「胡同」(フートン)は、そこに流れる時間の一刻一刻を“絵になる”魅惑的な風景に変えてくれます。ノスタルジックでほのぼのとした感傷的な気分に浸ることもあることでしょう。「胡同」巡りでおすすめしたいのが「沙灘後街」。モダンな高層ビルが建ち並ぶ国際都市に変貌を遂げた北京にありながら、古都の面影をいまに残す界隈の見どころをチェックしてみましょう。

 

 

-「胡同」巡りの醍醐味 -

 

北京の古き「路地裏」を巡ってみたいというのでしたら、沙灘後街から景山東門にかけての「胡同」(フートン)がおすすめです。添乗員に連れられた団体旅行者の姿をちらほら見かけることもありますが、至って静かな佇まいです。元朝の時代からいまに至る800年もの風雪に耐えてきた四合院やグレー色の壁、そして木々の間から差し込む木漏れ日――。まるでタイプスリップしたかのような世界がそこにはあるのです。

 

胡同の東端から北にかけて建ち並ぶ数多くの平屋根家屋のなかでも、ぜひ注目していただきたいのが「東景縁」で、奢侈な雰囲気のなかにアートの息吹が吹き込まれた空間です。いまをときめく著名人たちも盛んにここを出入りしており、さらに近年では「HUI-temple」という“東洋の美”をテーマとした多元的な空間がここに加わりました。では、「沙灘後街」で過ごす午後のプランをご紹介しましょう。

 

「沙灘後街」には有名な古刹があります。15世紀に建造された「智祝寺」と18世紀に建造された「蒿祝寺」です。もっとも、これらは厳粛な雰囲気が漂う宗教施設ではなく、いまではトレンディーな“テンプルレストラン”として話題を集めているのです。きっかけは2008年から多額の資金が路地裏一帯の改造のために注がれたことでした。グルメ、エグジビション、歴史、現代アートが一体化した総合空間「東景縁」という名前が中国全土を轟かせているのです。「東景縁」の中でもとくに熱視線が注がれる名所がHUI-temple」です。黒く塗られた茶室の門をくぐると、室内には東洋アートの作品が展示され、生け花や茶芸の体験ができます。高価なレコードプレーヤーから流れる古琴の音色に耳を傾けているうちに、すっかり時の経過を忘れてしまうことでしょう。

 

 

 

カフェバー巡りも胡同探訪の醍醐味です。「大小珈琲」のオーナーはカフェとルイボス茶に首ったけな女性で、アフリカ留学の経験があるそうです。カフェの品質に対して厳密な要求を行うだけでなく、空間デザイン、コミュニティーの運営、ムードづくり、製品クォリティーや新リテールについても造詣が深く、多くのひらめきがデザインに体現されているのが容易に想像できます。

 

 

 

沙灘後街を散策していると、やがて威厳を呈した京師大学の旧講堂が目の前に現れます。京師大学は1898年に開学した近代中国で初となる大学で、庶民の入学を募集したことで知られています。ゲート付近にある書店は人民教育出版社が運営しており、伝統工芸といった匠の世界や教育関連をテーマとした書籍を多く扱っています。質素な外観ながら店内には一服できるティースペースが設けられ、陶器や茶器が展示されているほか、画展や書展が定期的に催されているのです。なお、京師大学は、明の時代まで遡ると皇族の神殿だったほか、清代には乾隆帝の寵愛を受けた四王女と嘉王女の邸宅として使われていたそうです。

 

 

都会の喧騒とは無縁な沙灘後街を歩き続け、しばらくすると景山公園の東門にたどり着きます。景山公園の面積は微々たるものかも知れませんが、自然を表現する精緻な設計が施されており、あずまやや楼閣も手が込んでいます。綺望楼や五方亭は皇帝庭園の造形美を表現したものとして典型的な存在だといえるでしょう。一方、景山公園は、寿皇殿、永思殿といった祖先を祭る神聖で庄厳な施設を備えた場所として位置づけられてもいました。園内には松や柏等が1,000余も植えられており、牡丹やシャクヤクといった珍花の数も1万に及びます。北京で最も高台にあると言われただけであって、景山の上から眺望する市街地は絶景です。歴史の渦に揉まれながら生き続けてきた首都の面貌に感慨を深めること請け合いです。

 

 

ウイグル風味の“プライベートキッチン”としておすすめしたいのが「魏口面」です。看板メニューとなっているのが串焼きで、岩塩を使って炙っています。新疆シュメリア羊、豪州サーロイン牛、上等ばら肉等、高品質の食材を仕入れています。夜明け間もない時間のうちから海鮮マーケットに出向いて牡蠣や冷凍エビ等を入荷しているのもなかなかタフですね。そのほか、ラー油の濃厚な香ばしさもさることながら、もちもちして口当たりがよい麺が売りの油溌面も人気で、テイクアウトにしても味覚が損なわれないのが特徴です。それに新疆ウスルタン特製ビールにとてもフィットするんですよ。グルメを極めたい方にはぜひ一度足を運んでみてください。